肝疾患患者さんの日常生活の注意点(食事、栄養療法)

肝疾患患者さんは、日常生活のちょっとした生活改善を心がけることで、症状の悪化や予防につなげることができるといわれています。専門医と相談のうえ以下の項目を日常生活にとりいれてみてください。

●タンパク質をひかえて、野菜を多く摂取してください。●専門医より処方された薬物をきちんと服用してください。●便秘にならないよう注意してください。●発熱時や利尿薬の服用時は、こまめに水分補給をして脱水症状に注意してください。●日常的に体に負担のかからない運動を取り入れて、睡眠時のリズムを整えてください。

患者さんのためのお料理レシピ

※ここでの情報はあくまで基本の情報であり症状は人それぞれで違う場合もあります。不安な点は主治医、肝臓専門医等に相談してください。