肝性脳症の予防

「肝性脳症」は日常生活のちょっとした行動が、症状の悪化や予防につながるといわれています。専門医と相談のうえ日常生活にとりいれてみるのもよいかもしれません。

●タンパク質をひかえて、野菜を多く摂取してください。●専門医より処方された薬物をきちんと服用してください。●便秘にならないよう注意してください。●発熱時や利尿薬の服用時は、こまめに水分補給をして脱水症状に注意してください。●日常的に体に負担のかからない運動を取り入れて、睡眠時のリズムを整えてください。

肝性脳症を発症すると患者さんご自身もですが、ご家族の生活環境にも、影響を及ぼす可能性があります。
出来るだけ発症しないよう、主治医、専門医の指導をしっかり受け予防対策をしっかりと行いましょう。

監修:北海道大学大学院医学研究科 消化器内科学分野 教授 坂本 直哉 先生

※ここでの情報はあくまで基本の情報であり症状は人それぞれで違う場合もあります。不安な点は主治医、肝臓専門医等に相談してください。